2016年12月12日

もとぶ牛

12月も中旬を迎えます。
今年も半月程となりました。
皆様如何お過ごしでしょうか。

今回は、もとぶ牛のご紹介を致します。
沖縄の本部で生産されているこの牛肉。
他の和牛より霜の差しが少ないのが特徴的で、そのことがフランス料理のソースとの相性を良くしてくれます。
牛肉の味わいと和牛の柔らかさと風味を持ち合わせ、脂が余分に無いが為にソースを弾くことなく絡む。
私にとっては理想の牛肉です。
このもとぶ牛を私は、塩のみをし高温の炭かフライパンで炙り、高温のオーブンに入れ温かい場所で寝かせることを繰り返す事でゆっくりと火を入れていき仕上げに再度炙り、胡椒を振り掛け、フルールドセルを。(胡椒は高温で焦げてしまいますので最後です。)
牛肉にストレスをかけず、ゆっくりと時間をかけ火入れしたもとぶ牛は肉汁を失うことも少なく、周りもセック(乾燥したような状態)にならず美味しくいただけます。

今回のクリスマスメニューにも鹿の代わりに、もとぶ牛のご提供を致します。
御予約時にお気軽にお申し付けください。

12月24日(土)は誠に申し訳ございませんが満席となっております。
22日(木)、23日(金)、25日(日)は、若干お席に余裕が御座います。
皆様の御予約心よりお待ちしております。

DSC_1001.jpg

posted by オーナーシェフ山田直正 at 20:23| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: