2013年10月02日

10月

10月になりました。長かった夏もようやく終わり秋らしい気候となりました。

さて、当店は10月5日で、2年の区切りを迎えさせていただきます。
皆様の「美味しかった。」「また来るよ。」など温かいお言葉に支えられた2年間。
本当に皆様のおかげで素晴らしい日を迎える事ができ心より感謝しております。

2年前、10年以上離れていた京都で開業する際に、不安は沢山ありましたが、全てのお客様に満足して頂ける店作りを志しました。

お客様によって満足するという事は、それぞれ趣向が違い異なることであると思います。
例えば、お食事の際に醤油や塩などをかけられて召し上がられる方や何もかけずにそのまま召し上がられる方がおられるでしょう。
ご自宅では醤油や塩をかけられる方は手に届く場所にそれが用意されており、また、かけられない方の食材にはしっかりと下味をつけて食卓に並んでいるのではないでしょうか。

このような事が、サービスの原点ではないかという結論に達し、当店では、押し付ける様なサービスではなく必要なものが何も言わずに有るというサービスを目指す事。
(この考えがレストランという言葉よりも少し家庭的な意味合いを含んでいるBistroという名前を付けた理由でもあります。)

その為には、お客様の事を知るところから始め、来られたお客様の苦手な食材や、ご年齢、右利きであるか、左利きであるか、ご出身地、召し上がられたお食事の内容までノートに記載し、沢山のお客様の趣味趣向を知る事に取り組んでいく事。

そして、ご来店される度、お客様により満足頂けるようにする事。

また、料理に関しましても、食材に対する妥協を一切なくし、手間暇をかけて調理する事。

この思いを持って2年、まだまだ至らぬ私ですが、多くのお客様に支えていただきながら、今日も皆様にお逢いさせて頂いております。

そして今、もう一つ私の志が増えました。
それは、ご来店下さったお客様から小さな命が誕生しております。
その子供達が成長しお爺様、お婆様、ご両親が召し上がられた料理と同じものを召し上がって頂く事。
この思いを新たに加え、3年目のBistro銀を始めさせていただきたいと思います。


まだまだ未熟な私で、全てのお客様にご満足いただけているとはとても思えませんが、一歩一歩皆様に満足して頂けるBistro銀になりたいと思っております。
これからも絶え間ぬ努力で皆様への感謝の気持ちを届けられるよう精進して参る所存でございます。
何卒宜しくお願い申し上げます。
DSC_1727.jpg
posted by オーナーシェフ山田直正 at 18:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: