2013年10月07日

10月も早いもので一週間が過ぎようとしております。
当店の2周年でございました記念日にも沢山のお客様にご来店頂き温かいお言葉を頂戴し心から感謝しております。この場を借りて御礼申し上げます。

 まず、3年目のスタートとしてホームページを少しですが手を加えさせて頂きました。
店内の様子が分かりやすくご覧頂けると思いますがいかがでしょうか。
ぜひ、ご覧下さいませ。

では、本日は秋のメニューから一品ご紹介させていただきます。
以前から食材探しをしておりますが多くの生産者様のおかげもありまして、数多くの良い食材が手に入って参りました。
私の考える良い食材とは、自分も含め大切な人に一生その食材を食べて欲しいと思う食材の事です。
安全な事は元より、美味しくなければ意味がないと思います。
そんな思いから創り出した鮪の一品です。


この料理は、初夏にお寿司屋さんの前を通りかかったところ目に付いた、鮪三昧というメニューにヒントを得て創りました。
まず、鮪は国産の黒鮪中トロ部位です。
一つは、低温のバージンオリーブオイルでコンフィにしました。
もう一つは、備長炭で軽く炙りました。
この時の塩は、雪塩と呼ばれる粒子の細かい塩で味付けしております。
次に鮪のコンソメをご用意しました。
通常のコンソメに鮪節で最後に香りづけをし鮪の風味をふんだんに含んだスープにしました。
ご提供する最後の仕上げに宮崎県産の平兵衛酢と呼ばれる柑橘系の果汁で風味づけし、太平塩田で採取された大地の塩で風味を出しています。
そして、スペインで作られている鮪の唐墨をアクセントとして鮪におつけしております。
ソースは、京都の完熟トマトをゆっくりと炊き込んだ物の中に、烏賊墨を入れて、沖縄県産の青い海という塩で味を整えております。

これが当店の鮪三昧です。
ぜひ、一度ご賞味下さいませ。
DSC_1729.jpg
posted by オーナーシェフ山田直正 at 14:34| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: